鼻の悩みと美容整形

美容整形を希望する、鼻の形の悩みは様々です。代表的なものとしては、鼻の途中で段がついてしまう「段鼻」や、鼻柱という鼻の孔の間の部分の調整、曲がった鼻である「斜鼻」や、鼻先の垂れです。このほか単純に鼻の高さを高くしたいという悩みも合わせれば、鼻に関する美容整形術は非常に多種多様なものになります。
例えば段鼻の整形の場合、鼻の穴から特殊な器具を入れてゆき、段鼻となっている部分の骨を削って行います。軽度なものであればギブスやテープなどをつける必要もなくすみますが、かなり大きな段鼻を変えるには鼻骨そのものを組み直す施術を行う場合もあります。その場合は約10日程度ギプスやテープなどによって鼻を固定する必要があり、日常生活にも大きな制約が課せられてしまいます。
また、鼻に関する美容整形で希望が多いのが小鼻の部分の膨らみを小さくする施術です。鼻の内部は「鼻翼軟骨」という組織がちょうど鳥が翼を広げたような形で入っており、いわゆる小鼻の膨らみの大きい人はこの軟骨の張り出しが大きくなってしまっているのです。そのため施術としては両側の鼻の穴から器具を入れ、内部で軟骨の広がりを調整して糸で縛る方法がとられます。この場合の施術も傷の少ないものであり、施術後すぐから洗顔やメイクなども行うことができます。
鼻は美容としてこだわりと持つ人も多いので、結果に満足できない場合も多いようです。担当医とよくカウンセリングをし、方針を定めてから実際の施術を受けるようにしましょう。